【2021最新】カウンター付きリールが熱い。ダイワがシマノを猛追!

オフショアゲームをされるアングラーなら1つは欲しいのが、カウンター付きのリールです。

カウンターリールの特徴は水深を把握することでき、ヒットしたレンジが分かるため魚の居場所が予測できます。

また、巻き上げ速度なども分かるものもあり再現性が高い展開の釣りが可能となりました。

さらに最近のカウンター付きリールには、目だけではなく耳で水深を把握することもでき、目は竿先に集中することができるようになったものまで登場しています。

進化を続けるカウンター付きベイトリールについてまとめてみます。

メリット】カウンター付きリール

魚がいるレンジ(棚)を誰よりも先に把握できれば釣果も間違いなく変わってくるはずです。

特に、群れで活動するような魚を狙う場合には非常に効果的です。

真鯛やタチウオ、イカ釣りでは非常に多くのアングラーの方が使用されています。

タイラバ、タチウオジギング、イカメタルなどで活躍すること間違いなしです。



1
水深把握

最も重要なのは、もちろん水深ですね。

一般的に、リールのカウンター(液晶画面)に水深が表示されます。

これはリールに巻かれたラインの放出量が水深となるのです。

現在自分の仕掛けが何m付近にあるのかを把握することができ、またヒットレンジも分かるため狙いの棚に仕掛けをいち早く入れることができます。

2021年モデルのリールでは、アラームで水深を把握できるようにもなっており耳で水深を把握できるようにもなっています。(DAIWAのデプスアラーム)

魚探との組み合わせで更に釣果は上がるはず?


2
電源が電池式であること

液晶付きのリールで、電動リールがあります。

電動リールの場合には外付けのバッテリーが必要となりますが、カウンター付きリールは、ボタン電池でOKです。

釣行中に電池切れなんて困ったトラブルも起きることがありますが、最近のカウンター付きリールは電池交換が簡単でメダル一つでできてしまうものまで存在します。

トラブルが少ないことは効率よく釣りをするために大事なことですからね!

3
様々な機能が追加

以前のカウンター付きリールとは違い、最近の商品は一味違います。

フォール速度や巻き上げ速度を確認することができるものもあります。

最近のシマノのリールに多い“フォールレバー”を使いこなせればフォール速度の調整ができるのでヒット時再現がよりしやすいです。

デメリット】カウンター付きリール

カウンター付きリールのデメリット

それは…

高価で自重が重めというところでしょうか。

一般的なリールに比べて部品点数が多いので仕方のないことでしょう。

あとはメンテナンス不足で思わぬ故障にもつながる可能性がありますので取扱説明書をしっかり読んで使用すれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク

2021】発売のカウンター付きリールがすごい

2021年はDAIWAはカウンターリールに力を入れているようです。

実際に多くのカウンターリールを発表しています。

1
21紅牙 IC


タイラバ用のリールといえば紅牙ICでしょう。

前回モデルから超グレードアップしています。

巻き上げ速度表示は元々ありましたが、フォール速度表示、デプスアラーム(深度)など機能が追加。

更にDAIWAの最新テクノロジー『ハイパードライブデザイン』が搭載となりました。

価格は以前よりも上がってしまいますが、見逃せない1台です。

また、ローギヤ・ノーマルギヤ・ハイギヤ がありますので自分にあった1台を見つけてください。

2
ティエラ A IC


2021年にティエラ A ICとして新しく登場となりました。

21紅牙IC同様に、巻き上げ速度、フォール速度表示、デプスアラーム(深度)など機能搭載されています。

もちろんDAIWAの最新テクノロジー『ハイパードライブデザイン』が搭載です。

ハンドル形状とギヤ比違いで3種類(左右ハンドルあり)存在します。

シングルハンドルはライトジギングやタチウオジギング、ダブルハンドルはタイラバやイカメタルで活躍できること間違い無いです。

3
ソルティガ IC


DAIWAの2021年の目玉商品の一つがこのソルティガICです。

フラッグシップモデルのため価格はそれなりにしますが、性能はもちろん最高峰です。

DAIWAのカウンターリールでこれ以上の製品はありません。

100サイズはタイラバやSLJやタチウオジギング、300サイズはジギングやスロージギングで使用推奨しています。

ハイパードライブデザインはもちろんのことシンクロレベルワインドも搭載。

最高の巻き心地と剛性を実現したのがソルティガICなのです。

こちらの記事で詳しく見れます↓

SHIMANOのカウンター付きリールはフォールレバー搭載!

SHIMANOの最新カウンター付きリールは「フォールレバー」が搭載しています。

フォールスピード表示とフォールレバーを使いこなせばヒットパターンを再現できるはず!

1
炎月 プレミアム


炎月はタイラバに最適なモデル。

特にプレミアムシリーズは、DAIWAのハイパードライブデザインに対抗した『マイクロモジュールギヤ』が搭載されています。

もちろんフォールレバーが搭載で、更にフォール中にレベルワインダーが追従するためライン負荷を軽減でき、スムーズにドラグも作動させることができるのです。

炎月CTは『マイクロモジュールギヤ』こそ搭載されていないが、

そのほかの機能は搭載されている。

 19 炎月 CT 151

19 炎月 CT 151

20,671円(05/29 23:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

2
グラップラー プレミアム