【ヴィクト105S】DUOの最新シンペンが2021年6月新発売!

サーフゲームもシーズンインとなりました!

皆さん一体どんなルアーを使用されているか?一軍ルアーが気になるところです。

さて一軍確定の新たなルアー情報が入ってきました!!

DUOから新しいシンキングペンシルルアーが発売となります。

その名は『ヴィクト(Vict)105S』です。!

一体どんなルアーなのでしょうか?

ヴィクト105Sとは?

冒頭でも触れましたが、ヴィクト105Sはシンキングペンシルです。

シンキングペンシルとは何か?

シンキング=水に沈む

ペンシル=鉛筆

簡単に説明すると、鉛筆のように細いロング形状で水に沈むルアーです。

見た目そのままですね。

これまでのイメージだと、抜群の飛距離だがアピール力に欠けるといった感じでしょう。

また、巻き抵抗が少ないことから、「何をしているのかわからない」と感じるため初心者の方は避けてしまう傾向にあります。



もちろんヴィクト105Sも飛距離たっぷりのぶっ飛びルアーなのですが、アピール力や巻き抵抗に関してはどうなのでしょうか?


水中動画をチェックしてみると、

お尻をフリフリと〝ハイピッチスイングアクション〟でアピールしています。

リップ付きのおかげで、水中の抵抗や水中の変化を感じ取ることができます。



弱点克服!?




特に遠浅のサーフでは、シンキングペンシルでの遠投が釣果UPの鍵となるため、ルアーケースに一つ、二つは欲しいところですね。岩礁帯が絡むようなシャローエリアでもOKだそうです。

レンジコントロールにも優れているため遠浅の地形、福島県エリア、宮城県エリア、茨城県エリア、南房エリア、浜松エリアの遠浅サーフで重宝すること間違いなしです。

ちなみに開発に携わったのは、房総半島中心に活動中のプロアングラーの原田恭平さん。


開発者の原田恭平さんによれば、巻き速度はゆっくりでも速くても使用できるとのこと。

ゆっくり巻き→リップが水を掴んでくれるのでスローリトリーブ&ドリフトでも小刻みにテールスイングしながら移動距離を抑え一定のレンジでアプローチ出来る

早巻き→テールスイングの振り幅が大きくなるのでアピール力、波動がシンペンだけれどもミノーを使ってるかのようなブルブルと明確に伝わる伝達力が感じられる

また難しいアクションは必要なく、ただ巻きで十分でロッドの角度と巻き速度で、レンジの調整やルアーアクションを変えて誘えばOKだそうです。

初心者の方でも簡単に扱えるルアーです!!


ヴィクト105Sの仕様は?

狙える対象魚…ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ、青物、シーバス

全長…105mm

重さ…34g

ルアータイプ…シンキングペンシル

フックサイズ…#4

リングサイズ…フックアイ#3

カラー…全12種類

発売日…2021年6月10日(Amazon)

DUO ビーチウォーカー ヴィクト105S ASA0026 アカキン

DUO ビーチウォーカー ヴィクト105S ASA0026 アカキン

1,823円(05/24 23:29時点)
Amazonの情報を掲載しています