24紅牙IC200が発売決定!性能と特徴は?気になる金額も発覚!



2023年12月にNew紅牙ベイトリールの発売がされることが発表されました。

紅牙といえばタイラバ専用モデルですが、今回登場した24紅牙IC200はディープタイラバ専用モデルとなっております

24紅牙IC200の性能が判明




【巻上げ性能 】
①HYPERDRIVE DESIGN
②ソルティガIC300の設計を踏襲したハウジング&ギア
③150mmロングダブルハンドル

【ドラグ性能】
①電子ドラグサウンド
②ATD(MAXドラグ10kg)
③シンクロレベルワインド
④ドラグ力の調整範囲(0.5㎏~4.0㎏)を拡大

【操作・実釣性能 】
①ロープロならではのパーミング性の良さ
②ICカウンター(デプスアラーム採用)
③メカニカルブレーキ(クイックタイプ)


製品名自重(g)巻き取り長さギヤ比標準巻糸量PE(号ーm)ハンドルアーム長BB/RB最大ドラグ力ハンドル
ノブ仕様
メーカー希望本体価格
200P35066cm5.31-600
1.2-480
150mm7/110kgEVAラウンドライトノブ62,400円
200PL35066cm5.31-600
1.2-480
150mm7/110kgEVAラウンドライトノブ62,400円
20035078cm6.31-600
1.2-480
150mm7/110kgEVAラウンドライトノブ62,400円
200L35078cm6.31-600
1.2-480
150mm7/110kgEVAラウンドライトノブ62,400円
DAIWA公式

24紅牙IC200 特徴は「電子ドラグサウンド」





【電子ドラグサウンド】

スプール回転を検知してドラグの作動を「電子音」で伝える機能。
機械式構造の引き出しクリックでは、ドラグの作動をアングラーへ伝える重要な役割を果たす。
やはり機械音は好きという方が多いはず。
しかし、音を鳴らすためのドライブギア内側のラチェット構造や音出しピン構造には、物理的に抵抗が発生してします。つまりは滑らかなドラグの引き出しは難しい。
電子ドラグサウンドは、機械式構造をなくし、滑らかなドラグ性能とより聞こえやすいドラグ音の両立を成功させた最新システムなのです。

【紅牙 IC 200 搭載の電子ドラグサウンド】
※3種類のドラグ電子音を選択可能
・パターン1:高音(出荷時)
・パターン2:中音
・パターン3:低音
※OFF設定も可

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥52,059 (2024/02/25 23:23:43時点 Amazon調べ-詳細)