【2022年】最新ヒラマサキャスティングで最強戦力になるリール10選!オススメまとめ


ヒラマサを狙ったキャスティングゲームは、非常に人気が高く、

エキサイティングなパワーファイトが楽しめるのが魅力です。

そのため、タックルもパワーのあるもので堅牢なもの求められます。

ヒラマサキャスティングで最適なリールの特徴や商品をご紹介いたします。

ヒラマサキャスティング用リールの基本スペック



ヒラマサキャスティングで使用するリールは、

そこまで選択肢が多いわけではありません。

以下のスペックから商品を選定すればOKでしょう。

  • スピニングリール
  • SHIMANOかDAIWA
  • 番手は8000番〜14000番(2019年以降発売モデル)
  • ギヤ比は、ハイギヤ以上

ヒラマサキャスティング用リールの特徴

1
スピニングリール

ヒラマサキャスティングで使用するリールは、スピニングリール以外は選択肢にありません。

理由は、飛距離です。

キャスティング性能が高いのはスピニングリールであり、さらにライントラブルも少ないのも特徴。

2
SHIMANOかDAIWA

DAIWAやSHIMANO以外でも

国内でヒラマサキャスティング用リールとして販売されているメーカーさんは存在します。

でも、もし長く続けていきたいというのであればSHIMANODAIWAのリールがオススメです。(個人意見です)

3
番手

番手は8000番〜14000番が推奨です。

2019年以降に販売しているSHIMANOとDAIWAの製品は、

番手が8000番〜14000番は、PEライン4号~6号を300mをスプールに巻く事ができます。

4
PE号数

ヒラマサという魚の特徴ですが、

ブリに比べると、浅く、根などがある場所に着きます。

また、〝海のスプリンター〟とも呼ばれている魚です。

時速50km以上というトップスピードで走りますので、

いくらトップで掛けたとしても一気に根に突っ込んでいきます。

突っ込ませないためにPEラインの号数をあげ、ファイトします。

初めての方は、PEライン4号~6号を300mは絶対条件ですが、

最近の猛者たちは2号〜3号でファイトするという事です。

5
ギア比

ヒラマサキャスティンゲームで使用するルアーの『プラグ』を操作するのに適しているのが、

ハイギアまたはエクストラハイギアと呼ばれるものです。

オフショアで狙うヒラマサキャスティングの場合は、風上からプラグを投げるのが基本ですが、迎え潮になるのがほとんどのため、投げたプラグの方向へ船が進んでしまいます。この状況でプラグを操作するためには巻き取り量の多いリールが有利となります。

また、ヒラマサが掛かってアングラー側へ走ってきた場合にも、素早く巻く必要があるので巻き取り量の多いリールが有利なのです。

6
耐久性

SHIMANOやDAIWAのリールですが、

SWの大型リールにおいては特にしっかりとした耐久性を持っています。

防水性のはもちろんですが、ボディ、ドラグ、ギア、ローターな大型魚が掛かっても耐えられる材質のものが使用されています。

重量に関しては、重たくなるのは仕方のない事ですね。

スポンサーリンク

オススメのSWリール

1
19ステラSW 14000XG




最も人気のあるのがSHIMANOの最高峰リール〝ステラSW〟です。

特に人気な14000番手は、PE6号が300m巻ける仕様になっています。

耐久性、パワー、巻き心地どれも妥協なく作られています。

インフィニティドライブによるパワーと熱ダレを防ぐためのヒートシンクパネルが搭載されているので大型魚とのファイトも安心できます。

このリールで不満があるとすれば金額でしょうが、前モデルのステラが高額で取引されているのでそれを考えるトかなりコスパは良いのかもしれません。

2
22ステラSW 10000HG


2022年に発売決定のステラSW 10000HGです。

新たな番手として登場し、PE5号300mを使用したかったという方や、

XGでは少し巻き取り量が多すぎるかなと思った方アングラーにぴったりのモデルです。

発売は2022年2月です!!

3
21ツインパワーSW 14000XG



SHIMANOの最高峰リールであるステラSWと比較しても遜色ない21ツインパワーSWです。

むしろ違いが分からないかもしれません。

大きな違いは、バリアコートスプールリングというスプールエッジに傷が入りにくいもの。

他に金属パーツと樹脂パーツの違いです。ステラSWがアルミを使用している箇所にツインパワーSWは一部樹脂パーツを使用しています。

ステラSWと同じくインフィニティドライブ、ヒートシンクパネルが搭載されていますので大型魚とも真っ向勝負が可能です!

特に人気な14000番手は、PE6号が300m巻ける仕様になっています

4
21ツインパワーSW 10000HG


PE5号を300m巻きたい方は10000番をどうぞ!!

5
20ソルティガ 14000-XH



DAIWAの最高峰大型スピニングリール〝20ソルティガ〟

14000番エクストラハイギアが人気です。

PE6号300m巻きができ、モノコックボディ採用によるドライブギアの大口径化によって、ハイパワーで高耐久を実現しています。

15ソルティガと比べて2倍以上の耐久性があるというから驚き。

30kg越えの大型ヒラマサとのファイトにも耐えられるし、何と言ってもカッコイイ!!

6
20ソルティガ 10000-H



20ソルティガで5号300mを巻いて使用したい場合にはこちら!

7
21セルテート 14000XH


20ソルティガと比較すると一歩及ばないが、

性能は初心者には十分と言えるでしょう。

PE6号300m巻きたいのであれば、14000-XHにしましょう。

大きな違いは、以下の通りです。

型式ドラグローター防水性自重
20ソルティガ金属製のため放熱性高いアルミのため高強度フルマグシールド金属パーツが多いので重い
21セルテート樹脂製ザイオンエアドライブベアリングが
マグシールドではない
軽量



ライバル機種は21ツインパワーSWです。

巻きの軽さだけなら21セルテートに軍配があがるようです。

8
21セルテート 10000H


21セルテートで5号300mを巻いて使用したい場合にはこちら!

9
22カルディアSW 14000-H

なんとSWリールでは初の14000番手で実売が30000円以下のリールが発売されます。

2022年3月発売が決定しております。

20ソルティガや21セルテートと比較すると格下にはなってしまいますが、

入門リールとしては十分すぎる性能でしょう。

22カルディアSWについてはこちらの記事をチェックしてみてください。

PE6号300m巻きたいのであれば、14000Hにしてみましょう。

10
22カルディアSW 10000-H

22カルディアSWで5号300mを巻いて使用したい場合にはこちら!!

友だち追加

スポンサーリンク