【22カルディアSW】ソルトウォーターリールに新しい風!お値段以上の性能!


オフショアジギング、オフショアキャスティング、ロックショア、サーフ、SLJなどの

アングラー方には嬉しいリールが発売されますね!!

DAIWAの〝22カルディアSW〟が登場です。



ソルトウォーターリールに新しい風



22カルディアSWの番手は4000番〜18000番と幅広いラインナップとなっています。

14000番以上の番手があるリールって何があります??(※2019年以降発売のもので)

SHIMANOであれば、ステラSW、ツインパワーSW

DAIWAであれば、ソルティガ、セルテートSW

この4機種だけです。(※2019年以降発売のもので)

しかもどのリールも実売で大体¥55000-以上するような高価なリールです。

18000番以上になるとステラSWとソルティガのみなので¥100000-以上となっていました!!

選択肢がほとんどない中で高価なリールに躊躇していた方も少なくないはずです。

そこに登場したのが、22カルディアSW。

ソルトウォーターリールに新しい選択が増えました✌︎('ω'✌︎ )

22カルディアSWってどんなリール



セルテートSWに続いて2機種目となる『SW』リールが、

22カルディアSWです。

SWはソルトウォーター仕様であることを意味しており、SHIMANOが最初に使用していました。

SWの名を持つリールの特徴としては、「タフ」「パワフル」でしょう。

大物が潜む大海原でファイトするわけですからね!

ちなみに実釣テストでは20kgオーバーのヒラマサを釣り上げていましたのでそれぐらいの力は十分にあるということです。



↑↑こちらの動画で使用しているリールが22カルディアSW14000-Hですね。





  • マグシールド
  • モノコックボディ
  • ATD(カーボンATD)
  • タフデジギア
  • エアローター
  • LC-ABS(ロングキャスト-ABS)
  • エアベール
  • ローターブレーキ
  • マニュアルリターン


注目は以下3つのテクノロジー

フルメタルモノコックボディ&タフデジギアが採用



2021に発売されたノーマルのカルディアは、ザイオンV製のモノコックボディでした。

しかし、カルディアSWは一体構造でアルミ製のフルメタルモノコックボディが採用されているのです。

これは上位機種である21セルテートSWや20ソルティガと同じ材質のものです。

さらにボディの剛性が高いため、大口径のタフデジギアを入れることができたのです。

ATD搭載


大型魚とファイトする際に、最も気を使わなければならない「ドラグ」

新世代のドラグ機構である〝ATD〟が搭載されています。

DaiwaのATDはスムーズな滑り出しでラインが放出され、魚の引きに合わせたレスポンスと粘り強さを実現しました。

カーボン製のドラグワッシャーの数は番手によっても異なり、

4000~14000は3枚、18000は5枚で構成され、ドラグMAXの向上と大型魚に耐える耐久性があります。

スポンサーリンク

22カルディアSWのスプールにも注目



どうやら8000番、10000番、14000番はボディが同じようです。

そのため、これら3つの番手用のスプールを使用することができます。

普段、3号程度のPEラインを8000番に巻いてブリジギングをメインでされる方が、

たまにヒラマサ、キハダキャスティングをしたい場合には6号PEラインを巻いた14000番用のスプールを装着すればOKだそう。

スプールの金額はまだ未発表ですが、

1万円前後になると思われますので、特に初心者や中級者の方には嬉しいの商品ではないかと思います。

ここがちょっと・・・


一番大きい18000番で実売が3万円台という今までなかったリールですが、

もちろん20ソルティガなどと比べると・・・

10万円越えのリールと比べるのは如何なものかとも思いますが、

やはり性能は劣りますよね。

まだ公表をされていない部分もありますが、「ここがちょっとねー」という話が出ているのでまとめてみます。


  • おそらくドライブギアの材質が〝亜鉛〟←上位機種はG1ジュラルミン製
  • おそらくローターの材質は〝DS5〟←カーボン短繊維配合強化樹脂
  • ドラグ音が小さい←音の大きさなので好き嫌いの個人差あり
  • 最大ドラグ力が弱い←上位機種と比較すると8000番手で約10kg減


22カルディアSWは買うべき!?


SNSでは色々と不満点も出てきているようですが、

これはやり込んでらっしゃる方々の意見が多いように思います。

なので初心者の方なら問題なく使用していただけるでしょう。

実売2万円〜3万円のリールでは、これまでにはない性能なのは明白です。

文句なしに期待ができるリールですので、私も今後購入を検討しています。

※最近、ツインパワーSWとセルテートSWを同時購入したので、破産寸前です・・・

22カルディアSWの予約販売スタート

型式巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比自重ドラグ力標準巻糸量
PE(号-m)
BB/RBハンドル長さハンドルノブ価格(円)
4000-CXH996.2290g12kg1.2-310
1.5-200
6/160mmパワーライトノブL32,000
4000D-CXH996.2290g12kg1.5-430
2-300
6/160mmパワーライトノブL32,000
5000D-CXH1056.2295g12kg2-350
2.5-300
6/160mmパワーライトノブL32,000
6000S-H1015.7430g12kg2-300
2.5-260
6/165mmパワーライトノブL35,000
6000D-H1015.7425g12kg3-300
4-220
6/165mmパワーライトノブL35,000
8000-H1105.7630g15kg3-400
4-300
6/175mmEVA大型ラウンドノブ38,900
10000-H1215.7645g15kg4-400
5-300
6/175mmEVA大型ラウンドノブ38,900
14000-H1225.7640g15kg5-400
6-300
6/175mmEVA大型ラウンドノブ38,900
180001255.3845g18kg6-400
8-300
6/185mmEVA大型ラウンドノブ45,400



予約購入と発売後購入ではどちらがお得か??

これまでの経験上、99%(私の場合)予約購入の方が断然お得でした。

5万円台の商品では、約4000円ほどの差が出たもあります。(ポイント還元含む)

また、売り切れてしまう恐れもあり、発売後数ヶ月待ったという経緯もあります。

22カルディアSWを使って今年やりたい釣りがあるなら、いまのうちに予約するのがベストだと思います!!

友だち追加

スポンサーリンク