22エンゲツBBが2022年7月発売!タイラバ専用機に注目の2つの機能搭載!


タイラバ を始めようとされている方へ!

その手に取ったリール、一旦棚に戻してもらっていいですか?

2022年最新型のタイラバ専用リールが発売になります。

SHIMANOの〝エンゲツ〟シリーズから超低価格ですごい奴が現れました。

なんと実売価格は1万円前半で、HAGANEボディ採用、ライン放出時もレベルワインド連動です!

商品名は、「エンゲツBB

2022年7月発売開始です!!

22エンゲツBBに採用の2つのテクノロジーに注目


品名ギヤ比最大ドラグ自重糸巻き量(PE)最大巻き上げ長ハンドル長BB/RB
100PG5.56kg200g0.8-250,1-200,1.5-13055cm51mm4/1
101PG5.56kg200g0.8-250,1-200,1.5-13055cm51mm4/1
100HG7.25kg200g0.8-250,1-200,1.5-13072cm51mm4/1
101HG7.25kg200g0.8-250,1-200,1.5-13072cm51mm4/1


HAGANEボディを採用

BBモデルは入門機のイメージで間違いありません。

実売価格が12,000円前後となっている22エンゲツBBですが、性能を侮ってはいけません。

一つ目、このクラスとしては初の〝HAGANEボディ〟が採用されました。

軽量化しつつ剛性の高いアルミニウム製のフレームを採用しており、大物がかかった時にはリールのたわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制し魚を引き寄せることが可能です。

全モデルと比較して1.6mmのロープロファイル化(サイズダウン)に成功したため、パーミングのしやすさが向上。

手の小さめな女性やお子さんでも握りやすい形状になったのです。

引用元:SHIMANO

レベルワインド連動を採用


もう一つのテクノロジーが〝レベルワインド連動〟です。

低価格のベイトリールだと、ライン放出時はスプールとレベルワインドは非連動のものがほとんどです。

非連動で一番恐れられるのが、ラインのスレ(摩擦)です。

レベルワインドの位置とスプールからレベルワインドに向かって出ていくラインの位置のズレがあるとラインに角度ができます。

例に挙げてみると、レベルワインドが右端に位置している状態でラインがスプールの一番左からレベワイに向かっている状態になると。レベルワインドとPEラインに大きな摩擦が生じます。

大きな魚や青物のような力のある魚が瞬発的に走ることで、この摩擦が原因で切れてしまうことがあります。

スプールからのPEラインが放出される際にレベルワインドも連動して動けばそれが大幅に軽減されるし、スムーズにラインを送り出せるのでバックラッシュも起きにくいという大きなメリットがあります。

引用元:SHIMANO


もちろん海水対応の防水テクノロジー〝X-プロテクト〟も採用されていますよ!

まとめ

今からタイラバを始めようとしている方は、

22エンゲツBBも候補の一つにしてみてはいかがでしょうか?

1万円前半で購入できる最新型のリールをお試しください!!

友だち追加

スポンサーリンク