【2022年最新】ヒラマサジギング用のロッドの選定方法とおすすめ9選!

ヒラマサといえば〝海のスプリンター〟とも呼ばれ、

強烈な引きでアングラーも圧倒されてしまいます。

ヒラマサに対抗するためには、道具選びもしっかりと入念に行わなければなりません。

今回は、非常に重要なロッド選びです!!

関東のヒラマサジギングといえば外房が有名ですね。

特に外房でオススメのヒラマサジギングロッドを紹介していきます。


釣太
レンタルタックルもいいけど、やっぱり僕のロッドが欲しいんだよね♪
釣美
自分専用のロッドがあればスキルもアップするよね!


ヒラマサジギングのロッドの選定方法



ヒラマサとのファイトではしっかりとしたバッドパワーが必要になります。

理由は、ヒラマサは岩礁帯やカジメと呼ばれる海藻がある根に突っ込んでいきます。

ここから引きずり出すためです。

引きずり出せなければ、ラインが擦れてラインブレイクするのです。

かといってハリがつよいロッドだとジグをアクションさせることが難しくなります。



釣子
ヒラマサ用のロッドって様々なメーカーから発売されているけど、
どれを選べばいいか迷っちゃう・・・
釣雄
ロッドのスペックって重要だから、ここをしっかりと見て行こうか!

ロッドはスピニングorベイト??

まず最初に重要なタックルはスピニングなのかベイトなのか問題です。

千葉県の外房に関しては、スピニングを選択すべきです。

ベイトが使えないというわけではありませんが、どうしても使いたいというのであればメインではなくサブとして使うことがオススメです。

外房では水深が10m前後と浅い場所を狙うことも多く、そのために潮流の影響も強く受ける時があるのが特徴です。船の流し方も外房特有のものになります。

全国的に見ても特殊なゲームになりますので様々な状況に対応したスピニングタックルが主に使われます。


適合PE号数について

もっとも重要なスペックです。

ヒラマサのジギングタックルではPE3号〜4号が一般的に多く使われています。

それ以上太いラインを使っても根掛かりしたときに外すのが大変ですし、細いとヒラマサに切られます。

PE3号〜4号に適合するロッドをチョイスしましょう。

ロッドの長さについて

ジギングロッドは、5.8ft〜6.5ft前後が良いでしょう。

扱いやすい長さですし、これ以上長い必要もありません。

ロッドのテーパー(調子について)

ティップに関しては、好みの問題にもなりますが、

初心者の方であれば比較的ティップが柔らかく、

ある程度柔軟性のあるロッド好ましいという意見が多くあります。

しかし、柔らかい=操作が楽というものではありません。

また、張りが強くても外房のように10m前後でジギングすることもあるようなエリアでは、軽量ジグを扱うのが難しくなります。

適度にハリのあるものを選ぶと良いでしょう。

MAXドラグ値

ヒラマサジギングでリールのドラグ力設定は重要なセッティングです。

PE号数にもよりますが、PE3〜4号を使ったジギングの場合、

ドラグ力は一般的に5kg前後で設定されるケースが多いです。

ロッドが耐えられるドラグ力がカタログのスペックに記載されている場合もあるので確認してみましょう。

2022年オススメのヒラマサジギングのロッド



運が良ければ20kg、30kgのヒラマサがかかることがありますが、

ロッド自身がそれらの大型ヒラマサとのファイトに耐えられなければ、

せっかくかかった夢の大型ヒラマサを逃してしまうことになります。

相当悔やまれることは想像ができます。

テストを重ねて世にリリースした信頼あるロッドをご紹介させていただきます!!

DAIWA】 SALTIGA R J56S-4 HI


2021年に新しく追加されたソルティガR J56S-4 HI

千葉県外房にある勝浦川津港の宏昌丸船長である吉清良輔氏もオススメするロッドです。

ロッド長さは極端に短く5.6ft。

バイトさせてからもロッドが短い分、 当たりがダイレクトに伝達されます。

魚の情報量が豊富で広範囲をキャスト&ジャークで狙うのに適したモデルなのです。

●標準自重:147g
●標準全長:1.68m
●継数:1
●仕舞:168cm
●先径/元径:2.3/8.9mm
●ジグ重量:MAX240g
●PE:MAX4号
●カーボン含有率:96%

DAIWA】 OUTRAGE J61S-4


2022年5月に発売されるアウトレイジ J61S-4

予約販売を開始しており、実売価格は今なら3万円未満と超お手頃。

キャタリナの後継モデルになり、外房などのシャローエリアでのキャストと斜め引き、もちろんバーチカルでのワンピッチに最適な一本です。

●自重:176g
●全長:1.85m
●継数:1
●仕舞寸法:185cm
●先径/元径:2.3mm/9.9mm
●ルアー重量:MAX220g
●PE:MAX4号
●カーボン含有率:94%

SHIMANO】 オシアジガー リミテッドS62-4


2022年5月に発売予定の最高峰ジギングロッド〝オシアジガーリミテッドS62-4〟です。

超高出力&ストレスフリー性能を持ったロッドです。

全体が弓のごとく曲がって反発力を生み出し、少ない力で高効率にジグを操ることができ、あらゆる速さの誘いや潮の抵抗が強いシーンにおいても意のままの操作を可能になりました。

●自重:???
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:1
●仕舞寸法:188cm
●先径/元径:2.1mm/
●ルアー重量:MAX240g
●PE:MAX4号
●最大ドラグ:8kg
●カーボン含有率:88.8%

SHIMANO】 ゲームタイプJ S62-4


2020年にリニューアルした〝ゲームタイプJ〟

つぶれ強度2.5倍、ねじれ強度1.4倍(前モデルと比較)になり10%の軽量化にも成功しています。

グリップジョイント2ピースの曲がりを徹底的に突き詰め、ワンピースロッドのような強度と美しい曲がりに仕上げられています。


●自重:162g
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:2
●仕舞寸法:138.1cm
●先径/元径:2.2mm/
●ルアー重量:MAX210g
●PE:MAX4号
●最大ドラグ:8kg
●カーボン含有率:97.7%

天龍】 ジグ・ザムドラッグフォース JDF621S-4



潮流やジグの動き、アタリを感じ取れる「感度」に重点を置いた〝ジグ・ザムドラッグフォース

ヒラマサの突っ込みを止めて浮かせる「パワー」も十分にあります。

天龍独自のテクノロジー「C・N・T」を採用したことで、高感度でありながら粘りとパワーを持ったロッドになっています。

●自重:224g
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:1
●仕舞寸法:188cm
●先径:2.2mm
●ルアー重量:MAX180g
●PE:MAX4号
●最大ドラグ:8kg
●カーボン含有率:86%

パームスシーラプチャー STJS-62ML /STJS-62M+

●自重:200g
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:2
●ルアー重量:MAX150g
●PE:MAX3号

●自重:222g
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:2
●ルアー重量:MAX200g
●PE:MAX4号

実売価格が2万円を切る場合もある〝シーラプチャー〟シリーズ。

始めたいけど資金をかけられないという方にはぜひお勧めしたい1本です。

ヤマガブランクス Galahad 634S

2019年春にリニューアルした〝ギャラハド〟のジギングモデル。

アクション時にティップが弾き過ぎずにナチュラルにジグをスイミングさせやすく、

ベリーまでの入りを意識し、ワンピッチでの角の無いアクションが出しやすい設定にしています。

パワーも十分に持たせており、外房のようなシャローからのヒラマサ狙いでも、走らせられない力があります。

また、漁礁周りや根の荒いポイントでの強引なやり取りを強いられるシチュエーションでも威力を発揮します。

●自重:196g
●全長:1.91m(6.3ft)
●継数:1
●仕舞寸法:191.5cm
●ルアー重量:MAX220g
●PE:MAX4号
●最大ドラグ:6kg
●カーボン含有率:73.9%

ZENITH ゼロシキマッハスリー ZSM62S-4


今回紹介するロッドでは唯一のコルクロッドである〝ゼロシキマッハスリー ZSM62S-4

まずは見た目で他を圧倒する格好良さ!もちろんコルクが好きじゃない人もいると思いますが・・・

性能ももちろん問題なし。

ヒラマサジギングの聖地と言われる平戸沖、五島列島をはじめ青物ジギングで盛り上がりをみせる三重県鳥羽エリア・北海道エリアなどで様々なジギングシーンでテストを重ねたのです。

●自重:189g
●全長:1.88m(6.2ft)
●継数:1
●仕舞寸法:188cm
●先径/元径:2.3/11.7
●ルアー重量:MAX160g
●PE:MAX4号
●最大ドラグ:5kg
●カーボン含有率:98%


スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事はいかがでしたでしょうか?

ご意見ご感想は、コメントへどうぞお願いいたします。

ヒラマサジギングで夢の10kgを釣り上げてみませんか?

友だち追加

スポンサーリンク