【青物ジギング】ベイトリールの選び方!10kgクラス以上対応のコスパ最高のリール!



どうも!

MASATOです。

青物ジギングといえばやっぱり秋・冬ですね。

青物が脂を蓄え丸々と肥える季節で大型の青物が狙えます。

10kg超の青物を夢見るアングラーは多いですが、なかなか実現するのは難しいという意見も多いのではないでしょうか?

〝備えあれば憂いなし〟

10kg超の青物に対応できるベイトリールを準備しておきましょう。




ベイトリールの特徴



ところでベイトリールを選ぶ理由ってご存知ですか?

スピニングリールでもジギングはできますが、ベイトリールを選択するしっかりとした理由があるのです。




1
パワーがある

ベイトリールは構造上大きなギアを使用することができるためパワフルです。

2
フォールスピードが速い

ベイトリールの場合、スプール自体が回転するとまっすぐ巻き取られ、まっすぐに出ていきます。

しかし、スピニングリールはまっすぐではなく螺旋状に巻き取り放出され糸ヨレもできやすいです。

フォールスピードが速いということは、何度も魚のいるタナにジグを投入することができるので有利です。


3
底切り

ジグがボトムに着底後にすぐにフォールからジャークに移行できれば、フォールで追いかけてきた青物に見切られる可能性が減り、根掛かりも回避できます。

ベイトリールは構造上、クラッチを切ってフォールさせ、繋げる時はハンドルを回せばOKです。

着底を感じたら、直ぐにハンドルを回してジャークに移行できます。

しかし、スピニングの場合はハンドルから手を離してベールを倒すという作業が加わるため底切りがベイトに比べるとワンテンポ遅くなってしまうのです。


※スピニングにもオートリターン機構という機構が備わっているリールも存在する


ベイトリールのデメリット

キャスティングが難しいことや油断するとライントラブル(バックラッシュ)が発生することがある。

また、糸巻き量がスピニングリールと比べると少ないなど。


ハンドルの左右交換が基本できないため、自身が左右どちらのハンドル仕様が向いているのか購入前に確認しておきましょう。


ベイトリールの選定方法



ベイトリールの特徴がわかったらベイトリールの選定方法です。

ものすごい数のリールが販売されていますが、何を基準に選定していいか分からないという方はぜひチェックしてみてください。


1
PEライン号数と糸巻き量

メインラインとなるPEラインの号数は何号を使用するのか?

ブリでしたらPE2号〜で対応できるのですが、ヒラマサ・カンパチなどが混ざるような海域ですと3号〜がオススメです。

さらにキハダマグロやビンチョウマグロが混ざるような場所では4号〜と海域によってバラバラです。

遊漁船のHPなどに推奨PEライン号数が記載されているかもしれませんのでチェックしてみてください。

また、ライン号数は300m以上あると良いでしょう。

2
ドラグ力

ドラグ力は10kg〜のリールを用意すると、今後さらなる大物にも挑戦できます。

3
剛性

剛性が高いリールはただ耐久性が良いというだけではなく、

剛性は大物とのファイト時に重要です。

巻取り時にリールに〝歪み〟が発生し、安定した巻き心地が得られないですし、機会損失もあります。


歪んだ状態で無理に巻き続けるとメインシャフトなど心臓部に大きなダメージを与える結果になるかもしれませんし、ファイト時間が無駄に長引いたりしてストレスとなります。

SHIMANOならHAGANE ボディ、DAIWAならハイパードライブデザイン、高剛性オールマシンカットスーパーメタルハウジングが剛性が高いです



スポンサーリンク

青物対応ベイトリールはこれだ!

【SHIMANO】オシアジガー

  • ギア比:7
  • 最大ドラグ力:10kg
  • 自重:580g
  • 糸巻量 PE:3-400、4-300、5-220(号-m)
  • ハンドル1回転最大巻上長:132cm

ベイトジギングリールの王道といえば〝オシアジガー〟ですね。

2021年に2モデルが追加され、

パワーギヤ・ミディアムギヤ・ハイギヤ・エクストラハイギヤの4種類となりました。

困ったら〝オシアジガー〟にしておけば間違いありませんね。

ちなみに、フォールレバーを搭載したFカスタムもありますが、青物ジギングではあまり出番はないかもしれません。



【SHIMANO】トリウム2000

  • ギア比: 6.2
  • 最大ドラグカ: 11kg
  • 自重: 555g
  • 糸巻量 PE: 3-400、4-300、5-220(号-m)
  • ハンドル1回転最大巻上長: 116cm

オシアジガーの廉価版といったところです。

マイクロモジュールギヤ非搭載やベアリング数が少ない分だけ巻き心地はオシアジガーと比べると劣ります。

オシアジガーがボールベアリング8個に対してトリウム2000は3個ですからね。

しっかりした性能ですが、オシアジガーも意外と実売価格が下がってきていますので、少し頑張ればオシアジガー購入できてしまうんですよね。

【DAIWA】ソルティガ35N

  • ギヤー比:5.1
  • 最大ドラグ力:10kg
  • 標準自重:550g
  • 巻糸量 PE:3-400/4-300/5-250 (号-m)
  • ハンドル1回転最大巻上長:96cm


長年にわたって活躍している〝ソルティガ35N〟

オシアジガーのライバルモデルですね。

2015年モデルが現行ですのでそろそろモデルチェンジされるのではないでしょうか?

ただ、完成度の高いベイトリールですので2015モデルでも十二分に活躍してくれます


【DAIWA】ソルティガIC 300H-SJ


  • ギア比:7.3 / 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):98
  • 最大ドラグ力:10kg
  • 自重:405g
  • 糸巻量 PE:1.2-600、1.5-500、2-400、2.5-300、3-250(号-m)
  • ハンドル1回転最大巻上長:98cm



2021年5月に発売されたばかりの最新ICカウンターリールです。

糸巻き量が少し少ないかな?という印象がありますが、

大物とのファイトは問題ないです。

最新ICカウンターは水深を液晶画面で見るだけでなく、音で把握することも可能となりました。

また、フォールスピードや巻き上げ速度なども表示されるためヒットパターンの再現に大いに役立ってくれます。

一度使うと、こればっかり使ってしまうんですよね。

少し値段がしますが、お値段以上の能力を発揮してくれると思います。

とにかく巻き心地が良い!!


青物対応ベイトリールまとめ

初心者の方であれば、トリウム2000がオススメです。

ある程度使ってみて、青物ジギングやそのほかのジギングにハマったら上位モデルを選んでみるのが良いかもしれませんね。


今回の記事はいかがでしたでしょうか??

疑問な点などあればコメント欄にお願い致します。

友だち追加

スポンサーリンク