21セルテートSW待望の5000・6000が登場!発売日が判明!

どうもっ!!

MASATOです。

21セルテートSWの人気がすごいですね。

ライトサイズの5000・6000番がなかったため「待ってました」という方も多いはずです。

そうです!!

ついに待望の5000・6000番が発売されます。


8000〜18000番の21セルテートSWについては、過去記事でチェックいただけます。



21セルテートSW5000と19セルテートLT5000の違いは何か!?



セルテートを検討されている方なら、

現行モデルで19セルテートLT5000というモデルもチェック済みなはずです。






ここに21セルテートSW5000が登場することになり、選定に迷ってしまうかもしれません。

しかし、既存のLT5000はちょっと注意が必要です。

LTというのが「ライトタックル」を意味しておりまして、ライトタックル用のコンパクトボディに5000番クラスの糸巻き量を可能にした深溝スプールが搭載されているのです。

それに対して、SW5000は大型魚とのファイトを可能にしたパワー重視の設計になっているのです。また、耐久性も高いです。

選定方法としては、

小型〜中型魚狙いで軽量で操作性を重視するならLT5000

〜大型魚狙いでパワー・耐久性を重視するならSW5000

という選び方がよろしいかと思います。


21セルテートSW5000と6000は8000〜18000と何が違う!?

番手の違いにより搭載されているテクノロジーも若干異なっています。

8000〜18000はより過酷な状況で使用されることが想定されているからですが、値段も1万円以上異なりますので仕方ありません。


価格

5000・6000 ➡︎ ¥60,500

8000〜18000 ➡︎ ¥73,800〜¥85,200



マグシールド(ラインローラー部)

5000・6000 ➡︎ マグシールドラインローラー

8000〜18000 ➡︎ マグシールドボールベアリングラインローラー



ベアリング数

5000・6000 ➡︎ 10/1(ボール/ローラー)

8000〜18000 ➡︎ 8/1(ボール/ローラー)



ベール

5000・6000 ➡︎ エアベール

8000〜18000 ➡︎ タフエアベール(堅牢タイプ)

※ステンレス素材の肉厚を厚くして強度を約4倍アップし、チタンのソリッド素材より同重量では約13倍の耐久性



ハンドルノブ

5000・6000 ➡︎ パワーライトノブL

8000〜18000 ➡︎ EVAラウンドorハイグリップエッグ



ドラグ

5000・6000 ➡︎ 15kg

8000〜18000 ➡︎ 25kg-30kg
ドラグクリック⾳は響き渡るビッグサウンド仕様



スポンサーリンク

21セルテートSW5000と6000の違い!

同クラスリールでは自重400g以下が軽いとされていますが、

SW5000が385gでSW6000が375gです。

なんでSW6000の方が軽いの!?

という疑問が生まれますが、これはスプールの芯が細いからです。

糸巻き量を増やすために深溝のスプールを使用しているためで、ボディ自体はどちらも同じということになります。

21セルテートSW5000と6000の予約販売開始!

21セルテートSW5000と6000が12月に発売(6000PGのみ1月)と発表がありました。

すでに予約販売も開始されています。


型式ギヤ比巻き取り量最大ドラグ標準巻糸量
PE
ベアリングハンドル長
5000-H5.796cm15kg2.5-300
3-210
10/165cm



型式ギヤ比巻き取り量最大ドラグ標準巻糸量
PE
ベアリングハンドル長
5000-XH6.2104cm15kg2.5-300
3-210
10/165cm



型式ギヤ比巻き取り量最大ドラグ標準巻糸量
PE
ベアリングハンドル長
6000-P4.986cm15kg3-300
4-220
10/165cm



型式ギヤ比巻き取り量最大ドラグ標準巻糸量
PE
ベアリングハンドル長
6000-H5.7101cm15kg3-300
4-220
10/165cm



型式ギヤ比巻き取り量最大ドラグ標準巻糸量
PE
ベアリングハンドル長
6000-H6.2110cm15kg3-300
4-220
10/165cm

友だち追加

スポンサーリンク