どうも!

MASATOです。

先日のタチウオジギングで釣ったタチウオを食べましたが美味しいですね!!

刺身と天ぷら最高です♫

って事でまたタチウオジギングに行ってきます。

今回はフックセッティングについて紹介します。

タチウオ専用フックは種類が豊富

自作ではなく市販品でフックセッティングをする場合は、

様々なタチウオ専用の商品が販売されているため商品の選定に迷ってしまいます。

「トレブルフック」「クワトロフック」「ワイヤー付きフック」など形状が異なるフックがあり、

また各メーカーから様々な種類のタチウオ専用フックがリリースされています。

細軸フック&バーブレスを選択する理由


タチウオの顎(あご)は非常に硬いのが特徴です。

タチウオの捕食はターゲットを下から強襲し腹付近を噛みつき、弱らせゆっくりと食べます。

「食い上げ」「追い食い」で一気に捕食すればフックへの掛かりも良いのですが、

厄介なのが「甘噛み」です。竿先にコンッ!と感じる当たりがあるものの乗ってこないなんてこともあります。

そのためタチウオジギングには刺さり重視の細軸のフックが好ましいのです。

また、バーブレスフック(※カエシなし)でさらに貫通力を重視したいです。

ただし!!カエシが付いていませんので、テンションが抜けた場合に外れてしまいます。

下から上に泳いできますのでテンションを抜かぬようやりとりしないとバラシの原因となります。

スポンサーリンク

タチウオの基本フックセッティング

タチウオジギングでは基本的にフロント及びリヤにフックを取り付けるセッティングにしています。

組み合わせ一覧はこちら

パターンフロントリヤ
トレブルフックトレブルフック
アシストフック(ツイン)トレブルフック
アシストフック(ツイン)アシストフック(ツイン)


また、特殊なジグも存在しております。

タチウオは下から食いあげるので、ジグが水平状態の時に食ってきた場合などは、フックがかからない場合があります。

水平姿勢で食わせるという目的で開発されたタチウオ専用のジグでは、センターにアイがついている商品もあるのです。


これらのセンターアイタイプは現在はほとんどなく、フロント&リヤにアイがついたタイプが主流となっています。

フックを購入する際は、フロント用とリヤ用で区別されていることがありますのでしっかりとパッケージを見ていただく必要があります。

サイズ様々で、S・M・L表記の場合もあれば、1/0・2/0・3/0のように表記される場合があります。

大きければ良いというわけではなく、ジグの大きさはもちろんですが、ジグのアクションを考慮して選択する必要があります。オススメのサイズはジグメーカーのHPに記載されていることがあるので必ずチェックですね。

おすすめのアシストフック(ツイン)

ダイワ(DAIWA) 鏡牙 フックSS チラシアシスト 2/0

ダイワ(DAIWA) 鏡牙 フックSS チラシアシスト 2/0

519円(12/07 20:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

アシストフックの場合、アシストラインがPEなどですとタチウオの歯でスパッと切られてしまう場合があります。そのため、ワイヤーを使用しているタイプが多いです。

おすすめのトレブルフック

スイベル付きトレブルフック

ダイワ 鏡牙 フックSS バラシレス トレブル 1/0

ダイワ 鏡牙 フックSS バラシレス トレブル 1/0

563円(12/07 20:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

トレブルフックには3本、4本が一般的で、ワイヤー付きだったり、スイベル付きなど様々です。

スイベルつきのフックであれば太刀魚が回転した時に一緒にフックも回るので外れにくいという特徴を持っています。

初心者におすすめのフックとジグ

フロント&リヤ用がセットの商品も存在します。

初心者の方にはDAIWAの鏡牙フックSS LJがおすすめです!!

さらには、初めからジグにフックがセッティングされているものもDAIWAには存在します。

それが鏡牙-Hです。

刺さり抜群の4本針(クワトロフック)が標準装備されてAmazonでは1000円ほどで販売されています。

めちゃめちゃお買い得!!

パッケージから取り出してあとはリーダーとつなぐだけ。

最初から完璧なフックセッティングになっていますので何も考えることはありません。

初心者の方には特にオススメの一品ですね!!

鏡牙-Hに関しては以下の記事でご紹介させていただきましたので、ご覧いただけると幸いです。

友だち追加

スポンサーリンク