【入門編】スローピッチジャークでオススメの安いロッド!2021年の新作はコスパ最強!

どうもっ!

MASATOです。

これからオフショアジギングを始めようという方には、

必見の内容となっていますので是非最後までお付き合いください。

スローピッチジャークとは?



人気のスローピッチジャークはご存知ですよね?

スローピッチジャークまたはスロージギングなどと呼ばれたりもしますが、

〝スロー〟ということはゆっくりジグを動かすのか?

と思う方もおりますが実はそうではなくジャークとジャークの間隔の長いことが特徴で、ジグ自体は決してゆっくり動いているわけではありません。

またこの間隔が長いことにより、ジグが〝沈んで行く時間が長い〟ということになります。

この沈んでいくことを『フォール』と呼び、このフォール中の魚のバイトを基本的に狙った釣りとなるのです。

フォールをしっかりと作り出せるか出せないかで釣果が大きく変わってくるのです。

スローピッチジャークは専用ロッドでお願いします

スローピッチジャークをこれから挑戦してみようと考えている方の中には、

何か別のロッドで代用できるのではないか?と考えている方も多いはずです。

しかし、スローピッチジャーク専用ロッドでなければこの釣りは成り立ちませんので、

是非とも専用ロッドを揃えていただきたいのです。

スローピッチジャークでは、ロッドがジグの重みで曲がり、元に戻ろうとする力(反発力)でジグは水中でアクションします。

続いて、この反動を利用してそのままフォールさせ、ジグをフラッシングしたりダートしたりしながらフォールするのです。

これを連続的に行って少ない移動距離でアピールさせます。

つまりロッドの反発力というのは非常に重要になってきますので、専用ロッドは不可欠なのです。

オフショアロッドって高いんだろうなーと思う方もいると思いますが、

今回ご紹介するのは入門用のロッドですので、1万円〜2万円台となりますのでお買い求めやすくなっています。


スポンサーリンク

スローピッチジャークの生みの親

佐藤統洋 スローピッチジャークの真髄

佐藤統洋 スローピッチジャークの真髄

佐藤 統洋
2,200円(12/07 20:15時点)
Amazonの情報を掲載しています


スローピッチジャークの生みの親の佐藤統洋さんの著書を読めばさらに理解が深まるでしょう。

スローピッチジャークロッドの選定方法

スローピッチジャーク用のロッドにも様々な種類があり、どれを選べばわからないですね。

どのように選んでいったら良いのか解説します。

長さは?

ロッドの長さは、メーカーごとにこだわりもあります。

ある人気メーカーでは6.3ft(1.9m)にこだわっています。

ロッドの長さが短ければ、操作性が向上しますがフォールの時間は短いです。

逆に長ければ、フォール時間が長くなり、操作性は低下します。

それらを総合的に判断して、6.3ft(1.9m)にしているのでこの長さを目安に考えるのもいいですし、

初心者の方であれば負担の少ない短めのロッドもいいかもしれません。

対応ジグ重さ


ロッドのスペックを見たときに〝MAXジグ〟〝対応ジグ〟などジグの重さが書かれています。

これは、〇〇〇g〜〇〇〇gまでのジグを操作できる範囲ですよという意味です。

範囲外のジグを使うとジグ本来の動きが出せないので魚にアピールできません。

ですので、これからスローピッチジャークをされる海域ではジグはどれくらいの重さを使用しているのか?

チェックする必要があるのです。

ドラグ力・対応ライン号数

ロッドによっては、MAXドラグ力が指定されている親切なものもあります。

「リールのドラグ設定値をそれ以上あげないでね」というものです。

初心者の方はまず近海から攻めたほうがいいので、そこまでドラグ力を強めてファイトすることはないと思いますが、MAXドラグの記載がある場合はその指示に従いましょう。

また対応ライン号数も書かれているので、ライン号数も守りましょう。

SHIMANOの1万円台スローピッチジャークロッド

有名メーカーのSHIMANOから2021年春に発売されたのが、

21グラップラーBB タイプスローJです!

なんと価格は、1万円台という格安ロッドです。

ハイパワーX搭載で、しっかりと復元力を持たせたロッドになっています。

さらに1ピースに迫るスムーズな曲がりと強度を両立した2ピースモデルとなっています。

商品名適合ジグ水深適合リール
B66-1MAX160g〜60m +α(遅い誘い〜100+α)#200〜#1500

全長:1.98m
自重:117g
適合PEライン:1.5号
最大ドラグ:3kg/45°(ロッド角度)


商品名適合ジグ水深適合リール
B66-2MAX200g〜80m +α(遅い誘い〜160+α)#300〜#1500

全長:1.98m
自重:120g
適合PEライン:2.0号
最大ドラグ:4kg/45°(ロッド角度)

商品名適合ジグ水深適合リール
B66-3MAX260g〜100m +α(遅い誘い〜230+α)#300〜#2000

全長:1.98m
自重:125g
適合PEライン:2.5号
最大ドラグ5kg/45°(ロッド角度)

商品名適合ジグ水深適合リール
B66-4MAX330g〜130m +α(遅い誘い〜280+α)#1000〜#3000

全長:1.98m
自重:130g
適合PEライン:3.0号
最大ドラグ:6kg/45°(ロッド角度)

DAIWAの2万円台スローピッチジャークロッド

DAIWAから2021年5月に発売されたのがブラストSJです。

2万円台前半で購入できるブラストSJは、HVFやブレーディングXが搭載され、オールSiCのステンレスKガイドを採用しています。

DAIWA初のバットジョイント構造で1ピースのような曲がりと強度がありますが、分割できるので持ち運びが便利になりました!

商品名適合ジグ水深適合リール(DAIWA)
63B-190g〜150g〜100mベイトリール:100〜300
ジギングリール:10〜15

全長:1.91m
自重:105g
適合PEライン:0.6〜1.5号

商品名適合ジグ水深適合リール(DAIWA)
63B-2120g〜200g〜120m
(中深海~200m+α)
ベイトリール:100〜300
ジギングリール:10〜15

全長:1.91m
自重:110g
適合PEライン:0.8〜2.0号

商品名適合ジグ水深適合リール(DAIWA)
63B-3150g〜260g〜150m
(中深海~250m+α)
ベイトリール:200〜300
ジギングリール:15〜35

全長:1.91m
自重:115g
適合PEライン:1.0〜2.5号

商品名適合ジグ水深適合リール(DAIWA)
63B-4200g〜330g〜300m
(中深海~300m+α)
ベイトリール:300
ジギングリール:15〜35

全長:1.91m
自重:120g
適合PEライン:1.0〜3.0号

友だち追加

スポンサーリンク