SLJ入門!スーパーライトジギング【2021】おすすめロッド!安い商品はダメ?

スーパーライトジギング(以下、SLJ)の人気が凄いのはご存知ですよね?

数々の有名メーカーからSLJ専用ロッドが続々と発売されています。

はっきり言ってどれすればイイのか迷ってしまうなんて方も多いのではないでしょうか。

価格もピンキリですしね。

さて今回は、SLJ専用のおすすめロッドをまとめてみます。

スーパーライトジギング(SLJ)って何?


三重県発祥と言われている釣法。

ライトジギングよりもさらに軽いタックルを使ってオフショアから様々な魚が狙えます。

釣れる魚は、青物、根魚、マダイ、イサキなど様々な魚と出会えるはずです。

オールシーズン楽しめる釣りですが、ハイシーズンは初夏〜初秋。

軽装、ライトタックルで挑めるため大人子供、性別問わず楽しむことができるため人気となっています。

スーパーライトジギング(SLJ)のタックル

ロッド

SLJ専用ロッドが様々なメーカーから発売されています。
しかし、代用も効きますので30g〜80gほどのジグを扱える、タイラバロッドやティップランロッドで初めてもOKでしょう。おすすめロッドは最後にまとめてご紹介!

リール

スピニングリールでは3000番〜4000番クラスが一般的

おすすめはSHIMANOの19ヴァンキッシュ4000MHG

とにかく軽い!!ステラに最も近い存在で防水性、剛性もバッチリ!

ベイトリールのSLJはここ最近流行り始めています。

おすすめはオシアコンクエスト200HG

0.8号〜1.0号のPEラインを200〜300mは巻きたいですね。

ライン&ショックリーダー

メインライン…PE0.6号〜1.0号がイイでしょう。

SLJ専用ロッドですとPEラインがMAX1.0号に設定されているものがほとんどです。
ロッド許容のメインライン号数を選定ください。リールに200〜300m巻けるとイイですね。
おすすめはシーガーのこの商品…

クレハ(KUREHA) ライン シーガー PE X8 300m 0.8号

クレハ(KUREHA) ライン シーガー PE X8 300m 0.8号

2,716円(12/08 08:11時点)
Amazonの情報を掲載しています



ショックリーダー…フロロカーボンリーダーで3号〜5号

SLJでは様々な魚が食ってきますが、根魚などで根に潜られることがあります。
根づれに強いフロロがベストです。
また、突然の大物がヒットしてきますのでドラグ調整はしっかりと!!
おすすめはシーガーのこの商品…

ちなみにリールのドラグ設定は1kg〜1.5kgくらいがベスト

ジグ

30g〜80gくらいが一般的です。
小さいシルエットで様々な魚種を釣ることを目的としていますので、タングステンのジグが特におすすめです。
おすすめは「もはや餌」で話題のこのジグです。

どのサイズのフックを選定してイイかよくわからないなど、初めての方だと悩みは多いかと思いますが、最初からフック付きのジグが販売されています。
袋から出してすぐに使用できるので、面倒なことは一切ありません。
安くて小さいジグだとゼスタのスロービーなんかもオススメですね!

画像はフックなしですが、商品説明を見てもらえばわかりますがフックは前後付きです!

スポンサーリンク

スーパーライトジギングのアクションって難しいの!?

細かいロッド操作や、リールを巻く速度など特に難しい操作は必要ありません。

基本的には、2つのアクションでOKです。

ただ巻き

底にジグを落としてから一定速度で5回〜10回程度巻いて落とすの繰り返しです。

五目釣りで使われるアクションですが、特に真鯛はただ巻きで釣れることが多いです。

真鯛に特化したジグなどもありますので、真鯛を釣って見たいという方はぜひチェックです。

ただ巻き中、たまにストップを入れて喰わせの間を作ってもイイかもしれません。

ワンピッチジャーク

ハンドル1回転で竿先を1回上に上げる動作を繰り返しリズミカルに行うアクションです。

ジグを跳ねさせることをイメージして、10回〜20回くらい巻いて落とすを繰り返します。

竿先を高く上げるロングジャークや、竿先をあまり上げないショートジャークなどジグの動きを変えて工夫することで釣果が変わってきます。

2021スーパーライトジギングおすすめロッド

コロナ禍で三密を避けられるとして話題のアクティビティといえば釣り。

2021年は釣りブームが到来していますので、

さらにスーパーライトジギングが流行することになると思います。

各メーカーから続々と新作ロッドが発売されるためロッド選びに迷ってしまうかも?

スーパーライトジギングのロッド選びでチェックするポイントはこちらです。

SLJロッドはどこを見る?(筆者の場合)
  • あつかえるジグのMAXウェイト
  • スピニングリールorベイトリール
  • 許容ライン号数
  • ロッドの自重
  • 価格(超重要)

低価格ロッドはメジャークラフトがオススメ!


セール商品などで1万円を切る価格で購入できることもあります!
ジグ対応は40〜120g
ラインはPE0.6号〜1.2号まで対応しています

安いということもあり心配になる方もいるかとお思いますが、初心者の方にはちょうど良いと思います。

ハイエンドモデルとの差を理解する上でもまずはエントリーモデルから!!という考えの方もいます。

中堅モデルならシマノのブラストSLJがオススメ



ベイトロッドも2021年6月発売予定です!

ハイエンドモデルならやっぱりオシアジガーLJ

フルソリッドで1ピースモデル
ジグはMAX100g
PEはMAX1.2号
スピニング&ベイトどちらのモデルもあります。
ちょっと高価なのですが、シマノのテクノロジー、タフテックインフィニティやスパイラルXコアが使われているフルソリッドロッド!
曲げて釣る釣りが楽しめそうです。

ワンピースロッドで2万円以下のtailwalkロッド

筆者も使わせていただいているテイルウォーク のSSD S630。

1ピースロッドでよく曲がるがバッドはしっかりしている印象。

大物を想定したSLJであれば一つ上のS631にした方が良いでしょう!!

超絶人気で入手困難のSFCのロッド

何本かオススメのロッドをご紹介いたしましたが、

私も愛用しているシーフロアコントロールのスイムアンドチェイスもオススメです。

しかし、あまりの人気に入手困難となっております。

正規販売店で予約注文すれば入手できるはずです。

DUO初のジギングロッド発売!

ルアーメーカーのDUOはご存知ですよね?

ジギングではドラッグメタル、サーフではビーチウォーカーシリーズが有名なあのメーカーです。

あのDUOから初のジギングロッドが発売されます。

発売日は2021年6月10日です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

友だち追加

スポンサーリンク