タイラバ釣り方【基本講座】オススメのタックルと仕掛け!2022年最新版



年間を通して楽しむことができるタイラバ。

無論、メインターゲットは〝真鯛〟でしょう。

釣って楽しい食べて美味しい魚で、お祝いの席には必須のめでたい魚でもあります。

そんな大人気の真鯛がライトなタックルを使って仕掛けを落として巻くだけで釣れてしまいます。

一見すると簡単そうな釣りですが・・・

小さめの真鯛であれば本当に簡単に釣ることができます。

しかし、大鯛を釣るまでがなかなか難しく奥が深い釣りになってくるのです。


真鯛(マダイ)ってどんな魚?


縁起の良い高級魚として知られる日本人から愛される真鯛。

意外にも全国各地で釣ることができる魚なのです。

3kg〜4kg以上の真鯛が大鯛と呼ばれ、大きいものだと10kgを超えるサイズも存在します。

※1kg未満の真鯛が多いのが現実です

真鯛はエビやカニなどの甲殻類を好んで食べますが、イワシなどの小魚も捕食します。

そのため、甲殻類にも小魚にも見える〝タイラバ 〟は真鯛を狙った釣り仕掛けでは最適な疑似餌と言えるのではないでしょうか。

タイラバってどんな仕掛け?

ヘッド    ➡︎ 海の状況に合わせて重さを選定。例)60g、120g
ネクタイ   ➡︎ シリコン製で幅のあるヒラヒラしたもの
スカート   ➡︎ 細い線でヒラヒラと漂うことにより魚にアピール
ハリス&ハリ ➡︎ ネクタイスカートに紛れ、針は太軸で小さめが基本


ヘッドとハリが一体になった固定式とヘッドとハリがそれぞれ独立した誘導式が存在します。

現在の主流は誘導式で、バラシにくくあたりも取りやすいといったメリットがあるのです。

ヘッドも丸型やスクラーム型などありますが基本は丸です。

材質は鉛は安価で一般的ですが、タングステン製は比重が高く鉛よりも同質量でシルエットを小さくできるというメリットがありますが、高価です。



最近では、一風変わった形状をしたタイラバも発売されています。

TGビンビンスイッチは釣れ過ぎ注意のタイラバで現在は品薄状態が続いております。

仕掛けの選択によって釣果も大きく変わるのが面白いですね。




スポンサーリンク

タイラバ始めるならば、ベイトで

タイラバ 仕掛けを使う釣りでは、キャスティングするというよりも下に落とす釣りになります。

そうなると構造上ベイトリールが有利になります。

ラインを垂直に落とすしたバーチカルな釣りではなく仕掛けを流して釣る釣り方が一般的です。

流し方は船を横向きに流すドテラ流しや船を立てるといわれる流し方ですね

流すことにより、釣り場を広範囲に探れるというメリットがあります。

ベイトリールは小型なものでOK


メインラインがPE0.8号〜1.2号が主流のタイラバゲームですので、ラインキャパはそれほど必要ありません。

そのため小型のリールで十分ですので比較的ライトなタックルで楽しむことができます。

個人的なリールの選び方

★ダブルハンドル
★ボディが金属製
★PE1号ラインが300m巻けるもの
★カウンター付きリール




カウンター付きリールのメリットは、水深の把握はもちろん巻き速度もチェックできるところです。

つまりヒットパターンを知ることで再現性を出すことができるため釣果に結びつけることができるというメリットがあります。

PEラインをカラーにすることで水深の把握は可能ですが液晶で数値で確認できるのですごく楽です。

専用ロッドがベスト

タイラバ で使用するロッドですが、なるべく専用ロッドを使用することをオススメいたします。

特にロッドは真剣に選ぶべきと思っています。


ここでタイラバ仕掛けと真鯛の口の使い方についてまとめてみましょう。


タイラバにアタックしてくる真鯛は食いつくというよりも〝ついばむ〟ようにネクタイを突いてきます。

ガブリと食いついてくれれば即アワセでフッキングするのですが、

突いてくる状態でフッキングしても針がかりせずにバラしてしまうことがほとんどです。

やってみるとわかるのですが、コンッコンッコンッというアタリがロッドを握る手に伝わってくるはずです。

だから、タイラバゲームでは等速巻きでリールを巻いてアタリがあってもそのまま巻き続けるのです。

重みが乗ったらフッキングしたりしなかったりと人それぞれですが、

この時、口の内側にしっかりと掛かっていれば安心ですが、口外の皮一枚に掛かっているという場合があるのです。

ロッドの穂先はソリッドティップであることが望ましく、ソリッドティップの特徴である〝柔らかい〟が重要なのです。〝ついばむ〟ようなアタリに対してロッドの穂先が追従して動くため、仕掛けが違和感なく動かすことができます。

また、ヒットした後にも真鯛の特徴である〝首振り〟に対してもしっかりと追従するためバラシにくいというメリットもあるのです。



入門ロッドには乗せ調子のロッドを選ぶと良いと思います。

ダイワの場合、型番の頭にあるアルファベット〝N〟が〝乗せ〟を意味しています。

PEラインとリーダー

PEはお好みやリールのラインキャパに合わせて選定しましょう。

タイラバ でぜひ使ってくださいねー

とパッケージに書いてある商品があるので楽ですね。



0.8号のPEラインを選択したのであれば、リーダーは3号か4号がベストかと思います。

ゴリゴリ巻いてファイトする釣りではないので細糸でファイトできます!

ちなみにリールのドラグ調整は1kg未満の方がほとんどです。

ゆるゆるでOKな釣りです。


まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

タイラバで夢の大鯛を狙ってみませんか?

きっとどハマりしてしまうでしょう!!

友だち追加

スポンサーリンク