SLJ対応【ブルービークTG】がバレーヒルから発売!その実力は!?

さぁああああぁ!

ついにスーパーライトジギング の季節が到来しました。

ジグの準備は万全ですか!?

今回は、SLJシーズンインと同時に発売されたバレーヒルの『ブルービークTG』についてご紹介します。

ブルービークTGが2021年4月発売!


釣り具メーカーのバレーヒルから発売されたのが『ブルービークTG』です。

元々は、『ブルービーク』というSLJ対応のジグがありまして、

そのジグのタングステンモデルとなります。

タングステン製の特徴は高比重のためジグのシルエット小さくできるのが大きな特徴。

大きなジグで口を使わなかった魚に対して効果抜群です!

潮の流れが速いシーンやフォールスピードを速くすることもでき、鉛ジグとは違った使い方ができます。

見た目は非常に可愛らしいデザインとなっていて、特に女性アングラーに人気になりそうです。

ブルービークTGの特徴

ブルービークTGは、スリム系のジグです。

スリムなため少しシルエットは大きくなってしまいますが、引抵抗が少なく誰でも軽くアクションできるます。

また、フォールを入れると自然と水平姿勢を保つため難しい操作は必要ありません。

SLJの他にショアジギングでも使用可能です!

スポンサーリンク

ブルービークTGで効果抜群のアクションは?

ブルービークTGのアクションですが、推奨が2つです。

☆ただ巻き
☆ジャーク

ただ巻きは、狙いのレンジまで巻いて落としての繰り返しです。

巻きスピードをゆっくりにしてみたり、速めにしたりして速度調整して探ってみましょう。

ジャークは激しいものではなく、「ふわっふわっ」というような優しいジャークでOKです。

友だち追加

スポンサーリンク