【サブルHBシャッド】プラグ+ワームの融合!サーフ専用新感覚ルアージャッカルより新登場




GIJIE専科のMASATOです。

2023年もサーフゲームのシーズンが始まりますね。

ヒラメやマゴチなどフラットフィッシュをプラグやワームなどを使って狙っていきます!!

JACKALLから新たな刺客が登場します。

2023年6月発売予定の“サブルHBシャッド”

第一感想・・・絶対釣れる。。。間違いなくサーフ攻略の鍵の一つにはなるはずです!

“サブル”ブランド始動

引用元:JACKALL公式



JACKALLの新サーフフィッシング ブランドが立ち上げられました。

“サブル”というブランド名です!

その第一弾として発表された2つのルアーのうちの一つが“サブルHBシャッド”です。

他にもロッド3モデルが発表されています。

サブルHBシャッドとは?アクションは?

引用元:JACKALL公式


サブルHBシャッドは、ボディがプラグでテールがワームになっています。(テール部分に「エラストマー」素材を使用)

つまりミドルネームのHBはハイブリッドを意味していることになります。

サーフは一部を除いては基本、水深が浅いエリアがほとんどです。そのため、適度な浮き上がりとレンジコントロール性能が重要となるでしょう。

サブルHBシャッドの画像をよくみてみるとフロントアイの部分に小さなリップ形状になっていますので浮き上がるような構造です。

金属製ヘッド+ワームではそこを引きずってしまうようなスローな巻でもサブルHBシャッドは浮いてくれるようです。

もちろんドン深のサーフでも使用できるよう重めのサイズも用意されています。

ボディにはプラグを使っているため高アピールとなり、テール部分がワームなので食わせ重視で魚のスイッチをONにさせます。

では、肝心のアクションについて

もっとも得意とするのがスローリトリーブです。

ゆっくりとボトムを漂わせるシンプルなアクションで釣果がかなり出たそうです。

もちろんリフト&フォールやストップ&ゴーなど、他のアクションでもOKとのこと。

釣太
これはボートマゴチでも使えそうだね!!



サブルHBシャッドのサイズと使い分け

引用元:JACKALL公式


サブルHBシャッドのサイズに注目していただきたいです。

25g・35g・42gの3サイズとなりますが、シルエットは変わりません

内部のウエイトの量を変えているだけなので、シルエットを変えることなく重さだけが変わります。

この3サイズの使い分けについて調べてみました。

【ウェイトの使い分け】

28g>>>遠浅サーフをスローで誘いたい時に使用。浮力が1番高いため、ボトム付近を弱ったベイトが漂う演出をしてくれます。サーフだけではなく岩やテトラが沈んでいて根掛かりを回避したいポイントでも浮力があるのでそこを通して魚を食わせることが可能。


35g>>>基本サイズとなっています。遠浅から少し深いサーフで使用可能でパイロットルアー的な役割をします。初めてのエリアでは、このサイズを基準に軽くしたり重くしたりするといいとのことです。


42g>>>もっとも重いウェイトで、水深のあるドン深サーフでは特に力を発揮。また広範囲を攻めたい場合あ、横風や向かい風が吹いていて遠島が困難な時でも飛距離を稼ぐことができるぶっ飛びマンです。
どうやら追い風プラスで、最大80〜100m程飛んでいくそうです。
.
HBSHADを使ったら虜になります。

サブルHBシャッドの発売日は?

サブルHBシャッド2023年6月発売予定です。

ベストシーズンに発売が開始されるということもありすぐに売り切れる可能性が高いと思われます。

早めの情報収集をしておくことをおすすめいたします。

Amazonのネット販売開始されています。



28g

created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)
¥1,633 (2024/06/19 10:42:10時点 Amazon調べ-詳細)


35g

created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)
¥1,470 (2024/06/19 10:42:11時点 Amazon調べ-詳細)


42g


YouTube動画でみる