【トンジギとは?】タックル選びとタナどりが肝心!初心者でも始めやすいマグロジギング!

TVやYouTubeなどの釣り番組を見ていると〝トンジギ 〟というワードを耳にすることがありませんか。

最近流行りの釣法で、人気が高まっています。


でも一体どんな釣りなの?と思った方も少なくないはず


トンジギって何!?

トンジギとは、【トンボジギング】の略称です。

トンボとはビンチョウマグロのことで、地域によってビンチョウマグロのことをトンボと呼んでいます。

理由は、長い胸ビレから昆虫の〝トンボ〟に似ていることからそう呼ばれているようです。




このトンボ(ビンチョウマグロ)を狙ったジギングがトンジギなのです。

ちなみに20kg越えのトンボはまた呼び方が変わり、〝タネトン〟と呼ばれます。

タネトンとは、タネ(種)を持っている(繁殖行動できる親)サイズからきているようです。

大きいものでは30kgを越える大物もいるため、それなりのタックルセッティングをしなければなりません。

トンジギができる場所はどこ!?

トンジギで特に有名なのは、三重県志摩市です。

多くの遊漁船がトンジギ船を出しています。




そのほかにも紀伊半島の和歌山でもトンジギを楽しむことができます。

スポンサーリンク

トンジギのタックルは?


マグロは〝まぐれ〟では釣れないですね。

しっかりとしたタックルを準備する必要があります。

スピニング?ベイト?どちらのタックルかは特に決まりはありません。

慣れたタックルで攻めるのが良いでしょう。


スピニングタックル編



ロッド:PE3~5号負荷対応
★リール:8000番
ライン:PE3~4号を300m以上(マーカー付きのもの)
リーダー:フロロ12号~20号を10m
ジグ:150g~350g
アシストフック:大型対応の太軸4/0~11/0(フロントにシングルかダブルのセッティングが多いがフロント&リヤのセッティングでもOK)

ベイトタックル編


★ロッド :スロー系ロッドでジグウェイト300g~400g対応
リール 2000番~3000番
ライン PE3~4号を300m以上(マーカー付きのもの)
リーダー:フロロ12号~20号を10m

ジグ:150g~350g
アシストフック:大型対応の太軸4/0~11/0(フロントにシングルかダブルのセッティングが多いがフロント&リヤのセッティングでもOK)

オススメリール