釣果がヤバイ!メガバス「マキノタネ」売り切れ続出!代替品はある!?

どうもっ!

MASATOです。

メガバスの2020年発売ジグが釣れまくっている、売れまくっているとの噂を耳にしました。

なんでも購入が困難だということなのです。

ジグの名前は「マキノタネ」

一見すると、タイラバ?インチク?のような格好をしています。

「マキノタネ」についてリサーチしてみました。

「マキノタネ」って何!?

ところでメガバスのキャスティング・ブレードジグ「マキッパ」はご存知ですか?

その名の通り巻きっぱなし(巻くだけ)で釣れてしまうジグなのです。

 

この「マキッパ」の続編で、

2020年8月に「ソコッパ」と「マキノタネ」の2モデルが発表されたのでした。

「ソコッパ」はブレード付きで底を攻めるタイプで、「マキノタネ」はタコベイト付きで底〜中層あたりを狙えるタイプとなっています。

 

狙える魚は無限大

 

「マキノタネ」のサイズは、20g、30g、40gの3種類です。

堤防、サーフ、磯、SLJなど多くの釣り場で使用できます。

狙える魚も、ヒラメ、マゴチなどの砂地に潜む魚から青物や根魚など様々な魚種の釣果報告がインスタグラムでされていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木慎二(@cuffs.shinji)がシェアした投稿

特に多かったのは、ヒラメやマゴチです。

ミノーやペンシルなどで釣果が出ないような渋めの時に、リフト&フォールでゆっくり誘えば活躍が期待できそうです。

テンションフォールやフリーフォール、食わせの間などを作って誘ってみましょう。

ラバースカートがめちゃめちゃ効きそうです!!

 

スポンサーリンク

フックが自由自在に自作できる

嬉しいのがフックを自由自在に変えられるところにあります。

根掛かりでフックが曲がったなどでフックの交換ができるのはありがたい。

スイベル→スプリットリング→スイベル→スプリットリング→トレブルフックになっていますが、状況に合わせて自分にあったフックユニットを組むことができます。

 

例えば

スイベル→スプリットリング→トレブルフック→スイベル→スプリットリング→トレブルフック

スイベル→スプリットリング→スイベル→スプリットリング→アシストフック

「マキノタネ」購入できる!?

「マキノタネ」は小売価格が900円〜1,000円となっていますが、

売り切れが続出しており入手が困難。

入荷してもすぐに売り切れてしまうことがあるようです。

なんと某フリマやオークションでは倍近い高値で取引がされていました。

定価で欲しいですから、「マキノタネ」難民の方のためにちょっと似た商品をご紹介します。

「マキノタネ」に似た商品はある!?

私がマキノタネの代わりに使用させていただいているジグをご紹介します。

まずはハヤブサのジャックアイキックテイルです。

細身のメタルジグにタコベイトを追加したもので、フォール中のバイトが多いのが特徴。

 

 

販売店であまり並んでいるところを見たことがありませんが、

アマゾンやヤフーショッピング、楽天では購入しやすいです!

 

 

ジャックアイキックテイルはも堤防、サーフ、磯、SLJなど多くの釣り場で使用できます。

20〜60gまでありますので幅広く狙えます。

 

 

友だち追加

スポンサーリンク