ソルト対応ゼノンのベイトリール発売!アブガルシアの史上最高の実力やいかに



アブガルシアが史上最高のベイトリール

ZENON(ゼノン)が登場しました!

ゼノンといえば、昨年話題となったスピニングリールのイメージが強いですが、

ベイトリールも話題となっています。

ZENON(ゼノン)ベイトリールは3モデル


2022年6月発売のZENON(ゼノン)は合計3モデルです。

ZENON MG7
ZENON LTX
ZENON BEAST

全モデル左右巻きがあり、BWASTに関してはギヤ比違いがありますので、合計で8つのラインナップから選択することが可能です。

ZENON(ゼノン)3モデルの違い

ZENONの3モデルの違いについて簡単に説明します。

ZENON MG7

バーサタイル系
マグネシウムボディで超軽量の135g
淡水専用のため海水は非対応

ZENON LTX

ベイトフィネス系
海水対応モデルでアジングやメバリングなど繊細な釣りに対応

ZENON BEAST

パワー系
コンパクトでありながらパワーがあり、太糸使用可能


こちらのサイトでは、基本は海水の釣りをご紹介しています。

今回は、ZENON LTXについて調査してみました。

スポンサーリンク

ZENON LTX 販売開始

製品名自重ギヤ比スプール径/幅ハンドル長最大巻取長最大ドラグラインキャパBB/RB価格
ZENON LTX150g8.3:130mm/22mm85mm78cm5kg6lb:70m
8lb:50m
10lb:40m
PE1号:100 m
9/1¥43,500-
ZENON LTX-L150g8.3:130mm/22mm85mm78cm5kg6lb:70m
8lb:50m
10lb:40m
PE1号:100 m
9/1¥43,500-



ZENON LTXの特徴


これまでのベイトフィネスモデルでは「ALX-BF7」と「ウルトラキャストBF8」が上位クラスでしたが、その上をいくのがZENON LTXです。

簡単に説明すると軽いリグを操ることが出来るベイトリールです。

自重は150gですが、軽さにこだわったわけではなく巻き心地や感覚・感触にこだわったモデルです。

なんと、1g以下のリグもキャストできるらしいです。

10gのリグでも楽にあつかえるようなので様々な釣り方の対応できます。

これまでのアジング・メバリングといえばスピニングリールが一般的でしたが、これからベイトリールの時代がくるでしょう。


ZENON LTXに採用されたアブガルシアのテクノロジーがこちら

☆人間工学に基づいたエルゴノミックデザイン
☆ピニオンサポート構造
☆超々ジュラルミンΦ30mmスプール
☆超々ジュラルミン大口径ドライブギア
☆新カムロックレバー
☆セラミックスーパーフリーボールベアリング
☆ピニオンサポート構造
☆デュラメタルフレーム
☆C6カーボンサイドプレート
☆85mmクランクデュラカーボンハンドル
☆マグトラックスIIIブレーキシステム

ZENON LTXが欲しい



ZENON LTXは海水淡水どっちもOKなので、マルチに使用できる。

パーミングのしやすい形状で、誰でも使っていて心地が良いでしょう。

カーボン素材の部品を各所に使用し軽量で、合成が必要な部位はメタルフレームや超々ジュラルミン製のドライブギヤやスプールを採用しているので頑丈。

軽量であるがそこまでではないという理由はそこにあります。

ピニオンサポート構造によりギヤ力の伝達効率も良く、巻き上げ力が高くターゲットとのやりとりも非常に楽になっています。

マグトラックスIIIブレーキシステムでバックラッシュも少なく、標準マグネット8個ですが自己流に個数を変えることも可能です。





友だち追加

スポンサーリンク