【スローバンプSSD】フルソリッドモデルでトンジギ・中深海ジギング対応!曲げて獲るコスパ最強ロッド!



どうもっ!

MASATOです。

テイルウォーク(tail walk)さんのスローピッチジャーク専用ベイトロッド〝SLOW BUMP〟が新しく発売となりました。

チューブラーブランクス仕様とフルソリッドブランクス仕様がございますが、

フルソリッドブランクス仕様について注目してみました!!



フルソリッドってフルソリッドって何!?何!?

チューブラーとはチューブ(管)状で中空になったロッドを言います。

軽くて感度の良いという特徴があります。

それに対してソリッドとは固体状という意味を持ち、

中身の詰まったロッドを言います。

フルソリッドはロッド全体に中身が詰まっているもので、細く曲げることができ、しっかりとフックを魚に食い込ませることができるのです。また、魚をバラしにくいという特性もあります。

個人的には、ロッドを曲げて魚とファイトしたい派です。

SLOW BUMP SSDが2021年発売



新たに発売するスローピッチジャーク 専用モデルが、

SLOW BUMP SSD〟です。

フルソリッドモデルの場合、モデル名に『FSL』が入ります。

FSL仕様は3種類となっております。

FSLモデルはしなやかに曲がるブランクスで、ファイト時もしっかりと曲がってくれます。

バット部分にパワーを持たせ、ジグを跳ねさせたりフワフワと誘うようなスローピッチジャークに必要なジグアクションや基本操作は全てできます。

1番の特徴は、ガイドです。

スパイラルガイドを採用しており、バッド部分のガイドは上向きですが、穂先のガイドは下向きになっています。

螺旋状にガイドの向きを変えることにより、綺麗に曲げることが可能となっています。

また、フリーフォールでジグアクションさせた場合に糸フケが出た時に、穂先部分で糸絡みすることがたまにありますが、SLOW BUMP SSDは穂先のガイドが下を向いているためスルスルっと抜けるようになっているので糸絡みがほぼありません。

ストレスなく、しゃくることができるというのが素晴らしいポイントです。

632/FSL


型式全長継数自重ジグMAX価格
632/FSL6.3ft2本120g220g¥28,000


主な使用海域は水深150m前後になります。

青物、根魚、真鯛、タチウオなどの近海ジギングや中深海のアカムツジギング

初心者の方はこの番手がオススメです。

633/FSL


型式全長継数自重ジグMAX価格
633/FSL6.3ft2本133g300g¥29,000


2番よりも硬いモデルで、主な使用海域は水深150m前後になります。

青物、根魚、真鯛、タチウオなどの近海ジギングや中深海のアカムツジギング

軽いトンボジギングで使用することもできるためオールラウンドモデルに位置付けられています。


634/FSL


型式全長継数自重ジグMAX価格
634/FSL6.3ft2本138g380g¥30,000


青物全般、マグロジギングに対応したモデルです。

シリーズ中、最もパワーのある番手で、大流行中のトンボジギングで使用可能です。

また300m程の中深海でアカムツを狙う場合にも使用することができます。

スポンサーリンク

SLOW BUMP SSDの紹介動画

まとめ

tail walkのSLOW BUMP SSD FSLについてまとめてみました。

フルソリッドロッドで曲げたファイトを楽しんでみてはいかがでしょうか。

すでに発売されていますので是非チェックしてみてください。


友だち追加

スポンサーリンク